FC2ブログ

『隔月刊 関西とインプロヴィゼーションvol.3』

2019/11/17(sun.)
at space eauuu


『隔月刊 関西とインプロヴィゼーションvol.3』

貝つぶ
古池寿浩
中田粥
Mizutama
光永惟行
Musika-nt
元山ツトム
山本信記
江崎將史


open 15:00 start 15:30(∼21:00)
自由料金制
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/
神戸市中央区元町通2丁目6-10ミナト元町ビル3F
078-381-9767
JR・阪神元町駅より徒歩2分。


貝つぶアー写

貝つぶ/kaitubu
毎日味噌汁です。
パンツ履くのやめました。
靴のサイズが23センチになりました。



koike450.jpeg


古池寿浩/KOIKE toshihiro
トロンボーン担当。
即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、
ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。
近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。
自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。
その他に中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、
などのバンドで演奏したりしています。
現在名古屋在住。
www7b.biglobe.ne.jp/~fuigokoike/


nakadakayu2.jpg


中田 粥/Kayu Nakada :
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムに
ショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。



mizutama450.jpg

mizutama
日常の影響を取り込んではアウトプットする。何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。


光永450


光永惟行
グラタンカーニバルとしてソロやバンドでポップスを演奏している。
その他にアキビンオオケストラへの参加や、月刊かえるへの寄稿などで活動中。


musikant450.jpg


musika-nt
space eauuu店主。簡単な電子楽器、キーボードやリズムマシーンで何でもする。
“こだわらない”スタイルに異様に“こだわる”。
最近のお気に入りはポータサウンドドローンや、
機械仕掛けポリリズム、など。
貝つぶ氏とのユニット“minor house”としても活動中。




mots 450


元山ツトム
1969年生まれ。現在は、姫路のアシッドフォークユニット”ゑでぃまぁこん”
のメンバーとしての活動を中心に、セッション及びサポートの活動も数多く行っています。






yamamoto450.jpg


山本信記
trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加
(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。
現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、
武村篤彦(泊)との御行楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



ezakimasafumi2 450


江崎將史/Masafumi Ezaki
音を伴う行為、作曲、 身の周りのもの、トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。
近年は炭酸ソロ、図鑑朗読、テントソロ、暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)
などの”博物学的”パフォーマンスのシリーズを行っている。
最新パフォーマンスは「家鳴りを聴く会」、「OPP袋を全部広げる」。
他に動きを伴い空き瓶を吹奏のアキビンオオケストラを主宰。
popo/HOSE/対極/omm-pah/音遊びの会、などでの活動がある。
各地の海岸で採取の石を売る。
「軽音楽とジャンボリー」、「月刊」、「別冊」、
「月刊/関西 インプロヴィゼーション」などを企画する。






| TOP |

プロフィール

ezaki masafumi

Author:ezaki masafumi
神戸市在住の音楽家。トランペット奏者。
江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ
アキビンオオケストラ/OMM-pah/popo/HOSE/
音遊びの会/com+position/et/
対極/Black&Mountain


2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、東京大崎l-eにて常設販売中。

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード