FC2ブログ

The trio DDK (Jacques Demierre Axel Dörner Jonas Kocher ) with 田中誠司  mizutama × 中田粥 × 江崎將史

Jacques-Demierre_Axel-Dörner_Jonas-Kocher-2


2o18/4/13(fri.)
@神戸塩屋 旧グッゲンハイム邸


*The trio DDK Japan Tour 神戸編 * 

The trio DDK
Jacques Demierre piano
Axel Dörner trumpet
Jonas Kocher accordion
with
田中誠司 舞踏


mizutama × 中田粥 × 江崎將史


open 19:oo start 2o:oo
adv. 15ooyen|door 2oooyen


http://www.nedogu.com/blog/archives/20612


ジャック・デュミエール
ピアニスト、作曲家 / 即興演奏家。伝統的な作曲法を学ぶとともに自由な即興演奏を試みる冒険心や、
普段「音楽」として扱われない「詩」や「日常に潜む音 / ノイズ」
なども積極的に音楽の一要素として自らの表現に取り入れてきた。
これまでにアンサンブルや声のための数多くの作品を生み出し、
ピアノ表現の可能性も同時に追求し続けている。
また自らとは非常に異なる背景を持つアーティストとともに仕事をする機会を多数設け、
音楽のさらなる可能性を広げる試みを続けている。
音源はTzadik, héros-limite, Psi, Victo, jazzwerkstatt, Leo, Plainisphare,
Creative Sources, INSUB., Intakt, Bocian Records, bardem, Unit Record, stv/amsからリリースされており、
楽譜はSME / EMSから入手可能。

アクセル・ドゥナー
トランペット、エレクトロニクス、作曲家。1964年ケルン生まれ。
ケルンのMusikhochschuleでピアノとトランペット(Malte Burba付き)を学ぶ。
1994年よりベルリンに在住。「即興音楽」「コンポジション・コンテンポラリー・ミュージック」
「ジャズ」「エレクトロニック・ミュージック」の分野で国際的に尊敬されている数多くの人物とともに活動している。
独特で、しばしば自己発明されたテクニックに部分的に基づいて、独特のスタイルのトランペット演奏を開発した。
ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジア、アフリカでツアーを行い、多数のCDやレコードをリリースしている。

ジョナス・コッフェル
作曲家、アコーディオン奏者。その活動、作品は、「トーン」、「ノイズ」、「サイレンス」そして「聴取のプロセス」
の関係性の探索にある。アコーデオン奏者としては主に即興やコンセプチュアルな活動がある。
また、ミシェル・ドネダとの緊密なコラボレーションは、2008年以降発展し続けており、現在も彼の仕事の中心を為している。
作曲家としては、演劇、インスタレーション、そしてコンサートの間に位置するような作曲のプロジェクトを行っている。
彼の音源は Another Timbre, Potlatch, Bocian Records, Creative Sources, Flexion records,
Insubordinations, L'Innomableなどのレーベルからリリースされといる。
また、自身のレーベル、Flexionを運営、実験音楽イベントの主催者としても活躍している。

mizutama
日常の影響を取り込んではアウトプットする。何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。


中田 粥
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。


| TOP |

プロフィール

ezaki masafumi

Author:ezaki masafumi
神戸市在住の音楽家。トランペット奏者。
江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ
アキビンオオケストラ/OMM-pah/popo/HOSE/
音遊びの会/com+position/et/
対極/Black&Mountain


2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、東京大崎l-eにて常設販売中。

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード