「月刊8」

2o17/5/28(sun.)@元町 space eauuu 

「月刊 8」

カメイナホコ 中田粥 米子匡司 
有本羅人 光永惟行 山本信記 
musika-nt 江崎將史


start 14:oo 自由料金制+1drink

既にお気づきかと思いますが、メンバーが次第に増えていくシリーズ「月刊」、
全12回、の第8回。8人目の新メンバーは、カメイナホコさんを迎えて、
ソロパフォーマンスや共演です。「ファースト・コンタクト」を、見逃すなや!


spaceeuuu : 
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/
神戸市中央区元町通2丁目6-10ミナト元町ビル3F 078-381-9767
spaceeauuu@gmail.com JR・阪神元町駅より徒歩2分。

kamei.jpg


カメイナホコ
2002年頃から即興中心の活動を始める。参加バンドはウリチパン郡、三田村管打団?、
トンチトリオ、moon face boys、グラタンカーニバル、カメアリエレクトリック、タートル山、など。
ピアノ・シンセサイザー・クラリネット・ソプラノサックスなどを使って自由に演奏しています。



nakadakayu.jpg

中田 粥
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。


yonagotadashi.jpg

米子匡司
音楽家。トロンボーン/ピアノ奏者。プログラマ。
楽器やほかの道具を使って音楽を演奏したり、音を含む環境の制作や展示をしたり、
音を扱う道具の制作(たとえば友人の家に玄関チャイムを作ったり)をしています。
直接音楽を扱うこと以外には、CDや本やその他いろいろな物品を街中で販売するための自動販売機の製作と設置。
人が見聞きした事とそれについて考えた事を書くための紙とウェブの雑誌[余所見]の発刊や、
自分や友人や出会った人たちが過ごすためのスペースの運営をしています。
グループワークとしては、SjQ(cubicmusic/HEADZ)、およびSjQ++メンバーとして活動。
近作は、電球をオシレーターに使った音楽作品《Lal》や、
町の地図を元にフィールドレコーディングと演奏を組み合わせた《地図》シリーズ。


image-1.jpeg

有本羅人
1987年2月7日卯年生まれ。 トランペット・バスクラリネット吹き。
少年期にローランド・カーク、チャールズ・ミンガス、様々な黒人音楽に開眼し、Jazzmusicの道を志す。
ボストンはバークリー音楽大学に奨学金を獲得し留学するも更なる土着の文化を求め帰国。
三上寛やデカルコ・マリィといった面々と共演し新たな世界を知る。
現在は即興音楽、Jazz、総合芸術等と、ジャンルを超えて活動する。
所属バンドはメロンオールスターズ、Bright Moments、藤井郷子神戸オーケストラ等、
数バンドに在籍中。現在、自作のバンドは「兎に角」「ひごとゆらぐ」など。



IMG_39122.jpeg

光永惟行
グラタンカーニバルとしてソロやバンドでポップスを演奏している。
その他にアキビンオオケストラへの参加や、月刊かえるへの寄稿などで活動中。


IC82jkFh.jpg


山本信記
trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加
(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。
現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、
武村篤彦(泊)との御行楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。


musikant.jpg


musika-nt
space eauuu店主。簡単な電子楽器、キーボードやリズムマシーンで何でもする。
“こだわらない”スタイルに異様に“こだわる”。最近のお気に入りはポータサウンドドローンや、
機械仕掛けポリリズム、など。貝つぶ氏とのユニット“minor house”としても活動中。


20120601100421.jpg


江崎將史
音を伴う行為、作曲、 トランペット。
ソロの他にpopo/HOSE/Black&Mountain/
アキビンオオケストラ/対極/ omm-pah/などの活動。
白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。 「月刊」を企画。
各地の海岸で採取の石を売る。




白い汽笛 / VIDEOTAPEMUSIC /ゆうき / 3月33日 / グラタンカーニバル

「HOPKEN LAST DAY & NIGHT」
2o17/5/27(sat.)@本町 HOPKEN

[DAY] open 14:oo~
LIVE:
白い汽笛 / VIDEOTAPEMUSIC
ゆうき / 3月33日 / グラタンカーニバル


出店:33珈琲

[NIGHT] open 2o:oo~
DJ:
奴隷船(DISTEST,BIOMAN,Aspara,oboco,whatman)
シャロン(松井一平、沖真秀、李ペリー)
DJ bird



昼夜共に投げ銭制
http://hopken.com

popoやグラタンカーニバル、アキビン祭りにそのほか沢山お世話になったHOPKEN。
一先ず現体制は残念ながら終了とのことで、緊急企画のこの日です。グラタンででます。
ぜひ遊びに来てください!

Wobbly  Tania Chen Haco  omm-pah

2017/5.11(thu)@ SPACE EAUUU
space eauuu presents
「一点一画を眺める」
- Tania Chen & Wobbly Live in Kobe -


Wobbly
Tania Chen
Haco
omm-pah

(Masafumi Ezaki / Nobuki Yamamoto)

19:00open 19:30start
2000yen w/1d


SPACE EAUUU
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/
〒650-0022
神戸市中央区元町通2-6-10ミナト元町ビル3F
078-381-9767
JR・阪神 元町駅より徒歩2分!

アキツユコ Manuel Adnot + Haco + 江崎將史 musika-nt + 山本信記

2o17/5/4(thu.祝)@アオツキ書房

「conchyliomanie 2」

アキツユコ
Manuel Adnot + Haco + 江崎將史
musika-nt + 山本信記



予約:18oo円 当日:2ooo円(共に+1ドリンクオーダー)
open 18:3o start 19:3o


予約・問い合わせ:アオツキ書房
TEL: 06-6648-8959
MAIL:info@ao-tsuki.com
〒550-0014 大阪市西区北堀江2丁目5-10 2,3階
HP:http://ao-tsuki.com





akiprofi.jpg

アキツユコ:
電子オルガンにて作曲を行う。
これまでにJim O'Rourke(ジム・オルーク)主宰「Moikai」、
シカゴ「Thrill Jockey」、国内では「Childisc」からアルバムを、
ASUNA主催カセットテープ・レーベルWFTTapesよりライブ音源をリリース。
またハリソン・アトキンス監督の映画『Lace Crater』や前田ひさえアニメーション『Lakeside Tale - 湖畔のはなし』『Drifters』等の映像作品にも楽曲を提供している。
バンドでは「わすれろ草」でも活動しており、Sweet Dreams Pressよりアルバムをリリース。
最新作はピアノと電子オルガンによる作品集『Empty Talk』(自主制作)。





manuelprofi.jpg

マヌエル・アドノ:
http://www.manueladnot.me/
アヴァンギャルド・ギタリスト、インプロヴァイザー、コンポーザー。
主にアコースティック・ナイロンギター、エレクトリック8弦ギターによるオルタネイティブなアプローチに取り組んでいる。
また、即興、ポップ、フリージャズのプロジェクト、''April Fishes'', ''Power Jazz trio Sidony Box''、
そしてプログレッシブ・メタル・バンド ''Aeris'' のリーダー・共同制作者として活動している。
彼の垣根を超えたジャンルでの取り組みは、それぞれの分野における多くのミュージシャンとの共演を果たす。 
アコースティック・ギター・ソロによる「Ueno Park」と名付けられた日本と繋がりの強いプロジェクトにも取り組み、
''Tropare'' レーベルから Amaury Cornut (Moondogの伝記作家) プロデュースによるファーストアルバムをリリースしている。


haco.jpg


Haco:
ヴォーカリスト、作曲家、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。
80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。
近年、声と有機的なエレクトロニクス手法をむすびつけた独自のパフォーマンスを展開。
その透明感のある歌声と音響技術の融合により実験的かつポップ感覚をつめこんだ楽曲によって、
世界中にファンをもつ。これまでにソロやHoahio等のCD発売多数。
海外の革新的な音楽/アートフェスティバルからの招聘をうけ毎年のように公演ツアーを行っている。
2015年には、通算6枚目にあたるセルフプロデュースの歌ものソロアルバム「Secret Garden」が
国内Nuovo Immigratoよりリリースされる。11公演に及ぶヨーロッパツアーも大好評を博した。
次作は、広島のアンビエント・シーンを代表するstabilo(speaker gain teardrop)とGallery Six、
チェコのエクスペリメンタル・シーンを牽引するTarnovskiとのコラボレーションを大々的に取り入れたアルバムで、
2017年後半にリリースが予定されている。
Photo by Dan Inglis
www.hacohaco.net
https://vimeo.com/192510824




musikant.jpg


musika-nt:
space eauuu店主。簡単な電子楽器、キーボードやリズムマシーンで何でもする。
“こだわらない”スタイルに異様に“こだわる”。最近のお気に入りはポータサウンドドローンや、
機械仕掛けポリリズム、など。貝つぶ氏とのユニット“minor house”としても活動中。





yamamotonobukiprofi.jpg


山本信記: 
trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、
スカバンド「Hi-Kings」に参加(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。
現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、
武村篤彦(泊)との御幸楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。

アキツユコ Manuel Adnot + 江崎將史 梁 崑玖(Yan Conk) + miitsy

2o17/5/3(wed.祝)@喫茶ゆすらご

「conchyliomanie 1」

アキツユコ
Manuel Adnot + 江崎將史
梁 崑玖(Yan Conk) + miitsy



予約:18oo円 当日:2ooo円(共に+1ドリンクオーダー)
open 18:oo start 19:oo


予約・問い合わせ:喫茶ゆすらご
TEL:075-201-9461
MAIL:moyashirecords[at]yahoo.co.jp
〒602-8344 京都府京都市
上京区仁和寺街道七本松西入二番町199-1
BLOG:http://yusurago.blogspot.jp/


akiprofi.jpg

アキツユコ:
電子オルガンにて作曲を行う。
これまでにJim O'Rourke(ジム・オルーク)主宰「Moikai」、
シカゴ「Thrill Jockey」、国内では「Childisc」からアルバムを、
ASUNA主催カセットテープ・レーベルWFTTapesよりライブ音源をリリース。
またハリソン・アトキンス監督の映画『Lace Crater』や前田ひさえアニメーション『Lakeside Tale - 湖畔のはなし』『Drifters』等の映像作品にも楽曲を提供している。
バンドでは「わすれろ草」でも活動しており、Sweet Dreams Pressよりアルバムをリリース。
最新作はピアノと電子オルガンによる作品集『Empty Talk』(自主制作)。





manuelprofi.jpg

マヌエル・アドノ:
http://www.manueladnot.me/
アヴァンギャルド・ギタリスト、インプロヴァイザー、コンポーザー。
主にアコースティック・ナイロンギター、エレクトリック8弦ギターによるオルタネイティブなアプローチに取り組んでいる。
また、即興、ポップ、フリージャズのプロジェクト、''April Fishes'', ''Power Jazz trio Sidony Box''、
そしてプログレッシブ・メタル・バンド ''Aeris'' のリーダー・共同制作者として活動している。
彼の垣根を超えたジャンルでの取り組みは、それぞれの分野における多くのミュージシャンとの共演を果たす。 
アコースティック・ギター・ソロによる「Ueno Park」と名付けられた日本と繋がりの強いプロジェクトにも取り組み、
''Tropare'' レーベルから Amaury Cornut (Moondogの伝記作家) プロデュースによるファーストアルバムをリリースしている。






IMG_2540.jpg

梁 崑玖:
岡村基紀、odd eyesとYan Conkにギターで参加。兵庫県で生まれて京都市在住。
エレキギターとアコースティックギターを演奏。






miit.jpg

miitsy:
大橋満之 38歳
24歳の時にピアノを弾き始める。
諸々あって、今に至る。

| TOP |

プロフィール

ezaki masafumi

Author:ezaki masafumi
神戸市在住の音楽家。トランペット奏者。
江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ
アキビンオオケストラ/OMM-pah/popo/HOSE/
音遊びの会/com+position/et/
対極/Black&Mountain


2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、東京大崎l-eにて常設販売中。

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード