FC2ブログ

プロフィール

ezakimasafumi.jpg


江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ

音を伴う行為、作曲、 トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。

作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、うごき、かなの解体、などによるものがある。
近年はボールペンソロ、図鑑朗読、炭酸ソロ、テントソロ、などのソロシリーズを行っている。

アキビン吹奏、
アキビンオオケストラ」を主宰。

山本信記とのトランペットデュオ、15秒から1分ほどの曲をつらつらならべる
「OMM-pah」

同じく、山本とオルガンの喜多村朋太とのチェンバーロックスティディーバンド
popo」 がある。

宇波拓ひきいる「HOSE」のメンバー。

知的障害者とその家族、ミュージシャン、らによる
音遊びの会」所属。

2007年春、竹内光輝、木下和重とでそれぞれが毎回作曲,演奏などする、
com+position」を結成。

2009年年末、貝つぶと、主に様々な物品など使用したソロを、
お互いに延々まわし続けるDUO、「対極」を始める 。

2013年、貝つぶとのメロディーインストDUO、
「Black&Mountain」を結成。

白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。

2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、
 「Ezaki &The Family Stone」として、
東京大崎l-e、大阪岸里貝つぶ邸土間お店にて常設販売中。

l-e_magazine31.png

東京のl-eのl-e magazine 3に寄稿しました。
http://www.l-e-osaki.org/

discography http://ezakimasafumi.blog95.fc2.com/

ezakimasafumi[at]gmail.com

popo ワンマン

4/19(fri.)
@本町 chef d'oeuvre

popo


o18:3o s19:oo 
15oo円+1drink

下記、popoオルガン担当喜多村さんの
シェ・ドゥーブルでの恒例春の器展。
のオープニングで恒例のワンマンですョ!

喜多村朋太 器展 4/19(金)-5/9(木)(日祝休)
https://www.facebook.com/chefdoeuvres/

Daniel Malinsky Tim Olive 古池寿浩 中田粥 Mizutama 江崎將史

2o19/4/15 (mon.)
@ 千鳥橋・梅香  FIGYA


「 Daniel Malinsky Japan Tour 2019 大阪編 」

act:
Daniel Malinsky (from The USA)
Tim Olive
古池寿浩
(from Nagoya)
中田粥
Mizutama
江崎將史


open 19:00 start 19:30
自由料金制
https://www.facebook.com/baikaFIGYA/

ダニエルさんが、2o15年以来の来日ですyo。
スネアの上に置かれたオブジェクトで丁寧に音を並べていたのを思い出します。
月曜日ですが名古屋から古池さんも駆けつけてくれます。
近くに住んでいるのに随分共演は久しぶりになった、Timさんに、
ここの所刺激を受け続けているFIGYAの中田さんMizutamaさんも加わっての、
幾つかのきっと興味深いセッションです!


daniel pic3
tim olive
koike2.jpeg
nakadakayu2.jpg
mizutama2.jpg
ezaki profi2

Daniel Malinsky / ダニエル・マリンスキー :
アメリカ出身の作曲家、即興演奏家。フィードバックや様々な音の増幅、
電子インターフェースの操作によって、ミニマルな音響を作り出す。
Daniel Malinsky is a composer and improviser from the USA.
In recent years, his ultra-minimal performances are comprised of audio feedback,
electronic interference, and amplified object manipulation.

www.dmalinsky.info

Tim Olive / ティム・オリーブ :
エレクトリック·ギタリスト/ベーシストTim Oliveは、長年に渡りインプロヴィゼーション演奏を行ってきた。
一定のリズムや音階を排し、ノイズやテクスチャーを重視、金属弦やマグネティック·ピックアップ、
シンプルなアナログ·エレクトロニクスを用いて、音の可能性を探求している。
ライブの活動範囲は北米、アジア、ヨーロッパ、オーストラリアに広がり、
幅広いジャンルのミュージシャンとの一期一会のコラボレーションを行う。
同時に、定期的なコラボレーションとして、Alfredo Costa Monteiro、中琢爾、Francisco Meirino、
大城真、川口貴大、菊池行記、石上和也、Cal Lyallらとライブやレコーディングを行っている。
その他、最近の共演者として、河野円、Haco、Jin Sangtae、Ryu Hankil、Choi Joonyong、Nate Wooleyなどがいる。
カナダ出身、神戸在住。日本、ヨーロッパ、北米のレーベルからCDをリリースし、
MusicworksやSignal To Noise、The Sound Projector、The Wireなどの音楽雑誌で高く評価されている。
最近、みずからのレーベル845 Audioを立ちあげた。

古池寿浩 / KOIKE toshihiro :
トロンボーン担当。
即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、
ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。
近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。
自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。
その他に中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、などのバンドで演奏したりしています。
現在名古屋在住。
www7b.biglobe.ne.jp/~fuigokoike/


中田 粥/Kayu Nakada :
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムに
ショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。

Mizutama/ミズタマ :
日常の影響を取り込んではアウトプットする。
何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、
共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う 
mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど
東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。

江崎將史/Masafumi Ezaki
音を伴う行為、作曲、 トランペット。身の周りのもの。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。
オセロを使用した作品が含まれるCDに「Othello/3 Minutes」がある。
近年はボールペンソロ、図鑑朗読、炭酸ソロ、テントソロ、トレイソロ、
暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)などの”博物学的”ソロシリーズを行っている。
他に動きを伴い空き瓶吹奏のアキビンオオケストラを主宰。
popo/HOSE/Black&Mountain/対極/ omm-pah/などでの活動。
グラタンカーニバルのサポートメンバー。
企画、「月刊」「別冊」編集長。各地の海岸で採取の石を売る。




白丸たくト popo スズメンバ

0405ssp.jpg

2o19/4/5(fri.)
@京都 gorey cafe


白丸たくト
popo
スズメンバ


opem 18:oo start 19:oo
2ooo yen+1D

http://www.gorey.jp/cafe/
京都府京都市左京区浄土寺西田町82−1

音遊びの会@小池加工所

2o19/3/3o(sat.)/31(sun.)
@神戸 小池加工所

音遊びの会presents
3o 『ないしょのみらい』前編~おばけ~
31 『ないしょのみらい』後編~天井~


act:
音遊びの会
ゲスト: 水内義人(美術家)


open 14:00 | start 14:30 予約¥2,000 当日¥2,500 | 定員:各日50名
学生¥1,500 介助者・小学生以下 無料
前編・後編の2日セット券¥3,500(予約のみ)
※予約が定員に達しない場合のみ、当日受付いたします。
当日受付の有無については、Facebook などのお知らせをご覧ください。



会場:小池加工所 神戸市兵庫区須佐野通2丁目1-23

制作・演出: 江崎将史 大友良英 黒岩可奈 西谷充史 船川翔司 宮崎百々花
舞台監督:鈴木勝、森本アリ
企画:飯山ゆい
スタッフ:宮崎香佳、高山敦子、橋本麻希
チラシ制作:山口葉亜奈 (DOR)
主催:音遊びの会
協力:小池加工所|ウズラボ(神戸市兵庫区須佐野通1-2-9 102)
助成 : 公益財団法人神戸文化支援基金|兵庫県県政150周年記念事業助成事業

【予約|問合せ】 音遊びの会 080-4014-0948(宮崎)otoasobinokai@gmail.com
お名前・フリガナ・券種・人数をお知らせください。 小池加工所への問い合わせはご遠慮ください。
アクセス JR 兵庫駅より南へ徒歩8分、淡路信用金庫より南へ50m
※ 駐車場はありませんので近隣のパーキングをご利用ください。
トイレは道向かいの建物をご案内いたします。

音遊びの会:
2005年結成、知的な障害のあるメンバーを含むアーティスト大集団。月2回のワークショップを行いながら、
関西を中心に東京、水戸、島根、山口、北海道など日本各地にて公演多数。2009年ドキュメンタリー映画公開。
2013年にはイギリス遠征の様 子がNHK Eテレで特集された。
2017年より拠点を和田岬に移転し、地域に根差 した音楽団体を 目指して活動を継続中。
予定調和を許さないその音楽性は、見る者を釘付けにする。
Website: http://otoasobi.main.jp


ふいご モダンDJ特選集 野崎ハウス popo

fuigolive.gif

2o19/3/17(sun.)
@ 敦賀 TOKLAS


act:
ふいご
 
古池寿浩(tb)
関島岳郎(tuba)
中尾勘二(cl/sax)

モダンDJ特選集
野崎ハウス
popo


start 17:oo
ライブチャージ 2500円(ご予約) 2800円(当日)小学生以下無料

『 別冊 02 』

『 別冊 02 』

2o19/3/10(sun.)
@神戸元町 space eauuu

act:
古池寿浩 (from Nagoya)
Kazuma Sasajima
中田粥/船川翔司
Mizutama/musika-nt
山本信記/江崎將史



特集
『動画を見よう!』
『ソロパフォーマンスの世界その2』

新連載
『テクノへの道 その壱 〜tr-08篇〜』by古池寿浩
連載
『江崎將史の誰かの曲をやってみよう』
『遠隔サウンド』
『今号のセッション』


start 15:30..~ end:21:30.. 自由料金制
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/

特集は出演者みんなのお勧めの、動画共有サイトなどに落ちている動画を見る会です。

猫がうまいにゃと連呼したり、胡瓜を見て飛び上がったり、鳥と仲良くしてたり、だるまさんが転んだをしてたり、そういうのは今回は基本禁止です。エロとかスポーツとかも基本禁止です。音楽も。

出来れば投稿者が意図しなかった動画の面白さを発見できればという特集です。ですが意図して投稿したものでいやいやこれ何っ?てのもあり。などと、結局は最後はちんたらただただオススメの動画を見ているかもしれません。

パソコンからプロジェクターを使ってみんなでみます。お越しの皆様もよかったら、なにかオススメの動画を披露して下さい。

出演者プロフィール

koike.jpeg


古池寿浩 KOIKE toshihiro
トロンボーン担当。
即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、
ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。
近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。
自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。
その他に中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、などのバンドで演奏したりしています。
現在名古屋在住。
www7b.biglobe.ne.jp/~fuigokoike/



sasajima s


Kazuma Sasajima
1987年大阪生まれ
2014年 大阪市北区にナイスショップスーをオープン
2017年 クリエイティブ・コミュニティスペース ペフの前身となる場所を西天満の同住所にて、
半年間の期間限定で運営
2018年 クリエイティブ・コミュニティスペース ペフを設立
2019年 1月6日 クリエイティブ・コミュニティスペース ペフグランドオープン


nakadakayu.jpg


中田粥
中田 粥/Kayu Nakada
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムに
ショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。



funakawa.jpg


船川翔司/Funakawa Shoji
1987年生まれ 鹿児島県生まれ大阪在住。
身を置く環境の中から辺境となるシュチュエーションを見い出した、
パフォーマンスや展示を中心に活動している。
他にyakata(さや+船川翔司)アキビンオオケストラなど。



mizutama.jpg


Mizutama/ミズタマ
日常の影響を取り込んではアウトプットする。
何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、
共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う 
mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど
東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。



musikant.jpg


musika-nt/ムジカント
space eauuu店主。簡単な電子楽器、
キーボードやリズムマシーンで何でもする。
“こだわらない”スタイルに異様に“こだわる”。
最近のお気に入りはポータサウンドドローンや、
機械仕掛けポリリズム、など。
貝つぶ氏とのユニット“minor house”としても活動中。


yamamoto.jpg


山本信記/Nobuki Yamamoto
trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、
スカバンド「Hi-Kings」に参加
(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。
現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)との
チェンバースカバンド「popo」や、
武村篤彦(泊)との御行楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



ezakimasafumi.jpg


江崎將史/Masafumi Ezaki
音を伴う行為、作曲、 トランペット。身の周りのもの。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。
オセロを使用した作品が含まれるCDに「Othello/3 Minutes」がある。
近年はボールペンソロ、図鑑朗読、炭酸ソロ、テントソロ、トレイソロ、
暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)などの”博物学的”ソロシリーズを行っている。
他に動きを伴い空き瓶吹奏のアキビンオオケストラを主宰。
popo/HOSE/Black&Mountain/対極/ omm-pah/などでの活動。
白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。
「月刊」「別冊」編集長。各地の海岸で採取の石を売る。


Weekday 3 Hours

2o19/2
o6/13/2o/27 (wed.)
@ 元町 space eauuu


「Weekday 3 Hours」

江崎將史


19:oo∼22:oo
カンパ制 1drink~order

オーの野村さんから、Weekdayに3時間何かをする企画に呼んで頂きました。
折角なので4週連続です。内容は、、まだ何も決まってないのですが、
何か音源をひたすらかけてるかもしれません、トランペットソロを録音してるかも、
アルミホイルをまたはビニール袋をひたすら、ぶちまけてるかも、
作曲して実践しているかも、誰かとリハをしているかも、がっつりライブしているかも、
などまだ何も決まってないのですが、アンビエントはやらないと思います。
あ、自分で断定すると自分で裏切りたくなる性分なのでアンビエントしてるかも。
スタジオ覗きに行く感じで遊びに来てください。

PARADE #19 江崎將史 中川裕貴 神田聡 hush + amagi 中田粥 米子匡司

2o19/2/2 (sat.)
@千鳥橋・梅香地区・四貫島

PARADE #19

江崎將史
中川裕貴
神田聡
hush + amagi
中田粥
米子匡司


集合: PORT 13:oo
大阪市此花区四貫島1-6-6 PORT
090-9860-2784
料金:自由料金制
予約:ご予約優先(定員20名)

道端、公園、屋上、川沿いの歩道、空家、橋の上。
町の中のどこかで行われるライブイベント。
http://shikanjima-port.jp/event_detail.php?id=117

「家鳴りを聴く会」「炭酸ソロ」

2o18/12/21(fri.)
@大崎/戸越銀座 l-e

「家鳴りを聴く会」
  
19:oo~
opening act
江崎將史 「炭酸ソロ」


2o:oo~21:oo
「家鳴りを聴く会」
主宰:江崎將史

自由料金制
持ち込み自由

出店:「Ezaki &The Family Stone」



特に冬場かな、電気を消してさあ寝ようか、
床に就くいてしばらく、「みし」と天井の何れかから音がする。
これが子供の頃は少し怖かったりもするのですが、大人になるにつれ、
まあ乾燥してね、室温も下がったりして、ほらまあなんだよ、と自分を納得させて今に至る訳です。
けどですよ、特に暖房消したりしなくても、電気を消して床に就くと、すわ、
「みし、、」となったり、、怪しい、、と少し怪異?妖怪?への余地は実は残しております。
2001年にhibari musicから出たソロの1の録音の時、深夜神戸大の音楽堂でしたが、
外ではロケット花火が打ち上げられて、ああそれは初夏だったか、で室内では「みし」。
これが録音されてた時は嬉しかったです。
そんな訳で「家鳴りを聴く会」、皆様のお越しをお待ちしております。

| TOP | NEXT

プロフィール

ezaki masafumi

Author:ezaki masafumi
神戸市在住の音楽家。トランペット奏者。
江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ
アキビンオオケストラ/OMM-pah/popo/HOSE/
音遊びの会/com+position/et/
対極/Black&Mountain


2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、東京大崎l-eにて常設販売中。

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード