FC2ブログ

プロフィール

ezakimasafumi.jpg


江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ

江崎將史 / Ezaki Masafumi

音を伴う行為、作曲、 身の周りのもの、トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。
近年は炭酸ソロ、図鑑朗読、テントソロ、トレイソロ、
暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)などの
”博物学的”パフォーマンスのシリーズを行っている。
最新パフォーマンスは「家鳴りを聴く会」、「OPP袋を全部広げる」。
作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。
オセロを使用した作品が含まれるCDに
「Othello/3 Minutes」 /Slub Music/SMCD 14/2008/  がある。

動きを伴い空き瓶を吹奏の「アキビンオオケストラ」を主宰。
山本信記とのトランペットデュオ、15秒から1分ほどの曲をつらつらならべる
「OMM-pah」 同じく、山本とオルガンの喜多村朋太との
チェンバーロックスティディーバンド
「popo」 がある。 宇波拓ひきいる「HOSE」のメンバー。
知的障害者とその家族、ミュージシャン、らによる
音遊びの会」所属。
他に、竹内光輝、木下和重とでそれぞれが
毎回作曲,演奏などする、「com+position」
貝つぶと、主に様々な物品など使用したソロを、
お互いに延々まわし続けるDUO、「対極」、
同じく貝つぶとのメロディーインストDUO、「Black&Mountain」など。
グラタンカーニバルのサポートメンバー。
継続している企画に
「月刊」、「別冊」、「月刊/関西のインプロヴィゼーション」がある。
「Ezaki & The Family Stone」として各地の海岸で採取の石を売る。



l-e_magazine31.png

東京のl-eのl-e magazine 3に寄稿しました。
http://www.l-e-osaki.org/

discography http://ezakimasafumi.blog95.fc2.com/

ezakimasafumi[at]gmail.com

「POPOのお蔵出し」 植野隆司 ふだん

ENFVdtoVUAAo7p1s.jpg

2020/02/02(sun.)
at 北堀江 喫茶アオツキ
「POPOのお蔵出し」

popo

guest
植野隆司
ふだん


14:00開場 15:00開演 2,500円
http://ao-tsuki.com/

popoが結成して15年半、過去にやったことのある曲をすべて、
音源になっていない曲、一回しかやってない曲、なんかもやってみよう~!
という試みです。なので数ステージ、19時ぐらいまでかなあ。。
その辺は今月22日にpopo合宿するのでそれ以降には明確にします。
豪華ゲストにふだんさん、そして東京より植野隆司さんをお迎えして数曲一緒に演ります。
popoでは稀有なこのワンマン、皆様のお越しをお待ちしております。

江崎將史 中田粥 池田章太郎とコント

20191218_1734299s.jpg

2020/1/9(thu.)∼1/19(sun.)
at maru room

mizutama 個展 『touch』
http://blog.hanamaru-nara.art/

<関連イベント>

1/11(sat) 13:00-
《 子ども食堂とゲームおかんの掃除機 》

鈴原こずえ
スペース内にあるキッズルームで子ども達が遊べる空間を用意します。
割烹着に掃除機をギターに見立ておかんnoizs というコンセプトにもと演奏活動をしている、
鈴原こずえさんを迎え子供食堂の調理や掃除機ギターのパフォーマンスを行います


1/12(san)17:30-
《 LIVE 》

出演

江崎將史
中田粥
池田章太郎とコント


夜は鍋会

<個展概要>
マニラで仕入れたおもちゃをガチャガチャ販売するプロジェクト「マニラ玩具」、
水レンズのインスタレーション、映像作品などを展示

<個展作家ステイトメント>
⼣暮れから夜に変わる時間帯にベビーカーを押しながら天王寺を家族で歩いていると
これから遊びに⾏く若いカップルが⽬に⼊るそのまま引き摺り込まれそうな感覚に陥る
僕も少し前まではそっち側にいたし⼿を伸ばせば届きそうな気もする
仕事の帰り道⼩学⽣の時に⾒たアニメのエンディング曲をふと思い出し優しく何かに守られていた
幼少期の空気感が⼀気に広がる⼿を伸ばしても届きそうもないが感触は確かにここにある
出かける前楽しい出来事のときいろんな場⾯で次への切り替えるスイッチの様に娘とハイタッチする
⽇々⾊んなものに引っ張られたり気持ちを動かされたりしながらも遠くで近くで続いている事がある
私はそこにフォーカスを当て娘とハイタッチする様に軽快に活動している -mizutama

<作家プロフィール>
mizutama(みずたま)
1985年生まれ。岡山県出身、大阪市此花区在住。mizutama名義で10代頃から音楽活動を始める。
2012年より大阪此花区 共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2013年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始。
2014~2015年に渡り西成 新・福寿荘で1年間展示を行う。
mizutama年間展示 Tokoro展。2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアで展示、
パフォーマンスの活動を広げている。平成29年度 芸術文化魅力育成プロジェクト
「Osaka Creative Archipelago (オオサカ・クリエイ ティブ・アーキペラゴ)に選ばれ、
フィリピンよりアーティストを招聘し、ワークショップ、展覧会等、イベントを自身が拠点にする此花区を中心に行う。
フィリピンで行われた東南アジア アートレジデンシー会議
「Southeast Asian Art Residencies Meeting 2018」にFIGYA代表として参加。


* * *

期間中は、
・林勇気展「ANIMATION」 2020.1.10-19
・古都祝奈良2019-2020 2020.1.10-2.1
・にぎわいの家 つし2階現代アート展「柳澤 景子展 -24節気-」2020.1.9-28
など、奈良市がアートで盛り上がっています!!どれもmaru roomから徒歩20分圏内で開催されています。
近隣の展覧会やプロジェクトも合わせて、お楽しみください!!(maru room)

『家鳴りを聴く会 2019』 Opening Act 川口貴大 江崎將史

2019/12/29(sun.)
at 大崎/戸越銀座 l-e
『家鳴りを聴く会 2019』


Opening Act
川口貴大
江崎將史


出店: Ezaki & The Family Stone

18:30 open 19:00 start
1500円 ドリンク持ち込み可

19:00..∼19:30.. 江崎將史
19:45~20:15.. 川口貴大
20:30~21:30 家鳴りを聴く会


昨年に引き続き「家鳴りを聴く会」をやります。
夜にさあもうねようか電気を消してしばらく、、
「ピシツ」と部屋の上から音が、、
これが子供の頃は少しの恐怖と共に?でした。
今では、急に室温が変わって部屋が軋んでるんだなあと
落ち着きましたが、少しの怪異への期待のないことはない。。
そんな家鳴りを電気を消して皆で待って聴く会です。
オープニングアクトとして、江崎のソロと川口さんのソロ。
川口さんは何やら、今回の企画に合うパフォーマンスを考えてくれてるそうです。
年の瀬のl-eでお会いしましょう~

高岡大祐 tuba 石原雄二 per 江崎將史 tp 山本信記 tp


2O19 12/7(sat.)
at 元町 space eauuu


高岡大祐 tuba
石原雄二 per
江崎將史 tp
山本信記 tp

19:00open 19:30start 自由料金制+1drink order
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/
JR・阪神元町駅西出口より徒歩2分

東京より自身のバンド「歌女」二枚目をリリースしたばかりの高岡さん、随分久しぶり、
石原さんとは二度目の共演となります。
神戸からは僕とと山本さん、楽しみなセッションです。

サラウンドサーキット

サウンドサーキット_page-0001

2019.12.1(日)at 北加賀屋 音ビル
《サラウンドサーキット》

[Live]
アキビンオオケストラ
Improvised 行楽猿
ORRORINZ
米子匡司

[石相撲]
石の魅力に取り憑かれた収集家たちが各々の石で競い合う!

[Talk]
民族音楽講義
「ベトナムのゴング文化」
講師:柳沢英輔 / 生徒 AAAsaaREE

[SHC -ヘッドホンで楽しむ音楽と映像のイベント-]
Otomi Chie + heureux
Jerry Gordon
豊田奈千甫 + sonsen gocha bacco
slonnon

<展示>
かいはつクラブ
大切にすることを大切にする本の販売
sleeping flower room

<フード・物販>
天然酵母パン ふっくら
移動雑貨店 まちむし


12:00 OPEN / 13:00 START
自由料金制
https://surround-circuit.web.app/

動画を見る会《》 presenter: 小島剛・ササジマカズマ・ 中田粥・武村篤彦・武村ゆり・ 船川翔司・Mizutama・山本信記・ 米子匡司・江崎將史・ live: 野崎ハウス (武村篤彦+武村ゆり

映画 テレビ 2019_10_28 19_43_07



2019/11/24(sun.)
at FIGYA

《》《》《》動画を見る会《》《》《》


presenter:
小島剛・ササジマカズマ・
中田粥・武村篤彦・武村ゆり・
船川翔司・Mizutama・山本信記・
米子匡司・江崎將史・


live:
野崎ハウス
(武村篤彦+武村ゆり)

自由料金制 15:30-21:00
https://www.facebook.com/baikaFIGYA/
大阪市此花区梅香1-18-19
阪神千鳥橋駅より徒歩3分
JR・阪神 西九条駅より徒歩10分

プレゼンターのお勧めの動画、
おもに動画共有サイトなどに落ちているやつを見る会です。
猫がうまいにゃと連呼したり、胡瓜を見て飛び上がったり、
だるまさんが転んだをしてたり、スポーツ方面とか音楽方面とかは避けてみて、
出来れば投稿者が意図しなかった動画の面白さを発見できればという会です。
ですが意図して投稿したもので、いやいや、これ何っ?てのもいいかな、などと、
結局は最後はちんたら音楽動画なんかを見ているのもアリだなあ。。
プロジェクターを使ってみんなで見ましょう。

『隔月刊 関西とインプロヴィゼーションvol.3』

2019/11/17(sun.)
at space eauuu


『隔月刊 関西とインプロヴィゼーションvol.3』

貝つぶ
古池寿浩
中田粥
Mizutama
光永惟行
Musika-nt
元山ツトム
山本信記
江崎將史


open 15:00 start 15:30(∼21:00)
自由料金制
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/
神戸市中央区元町通2丁目6-10ミナト元町ビル3F
078-381-9767
JR・阪神元町駅より徒歩2分。


貝つぶアー写

貝つぶ/kaitubu
毎日味噌汁です。
パンツ履くのやめました。
靴のサイズが23センチになりました。



koike450.jpeg


古池寿浩/KOIKE toshihiro
トロンボーン担当。
即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、
ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。
近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。
自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。
その他に中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、
などのバンドで演奏したりしています。
現在名古屋在住。
www7b.biglobe.ne.jp/~fuigokoike/


nakadakayu2.jpg


中田 粥/Kayu Nakada :
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムに
ショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。



mizutama450.jpg

mizutama
日常の影響を取り込んではアウトプットする。何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。


光永450


光永惟行
グラタンカーニバルとしてソロやバンドでポップスを演奏している。
その他にアキビンオオケストラへの参加や、月刊かえるへの寄稿などで活動中。


musikant450.jpg


musika-nt
space eauuu店主。簡単な電子楽器、キーボードやリズムマシーンで何でもする。
“こだわらない”スタイルに異様に“こだわる”。
最近のお気に入りはポータサウンドドローンや、
機械仕掛けポリリズム、など。
貝つぶ氏とのユニット“minor house”としても活動中。




mots 450


元山ツトム
1969年生まれ。現在は、姫路のアシッドフォークユニット”ゑでぃまぁこん”
のメンバーとしての活動を中心に、セッション及びサポートの活動も数多く行っています。






yamamoto450.jpg


山本信記
trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加
(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。
現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、
武村篤彦(泊)との御行楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



ezakimasafumi2 450


江崎將史/Masafumi Ezaki
音を伴う行為、作曲、 身の周りのもの、トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。
近年は炭酸ソロ、図鑑朗読、テントソロ、暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)
などの”博物学的”パフォーマンスのシリーズを行っている。
最新パフォーマンスは「家鳴りを聴く会」、「OPP袋を全部広げる」。
他に動きを伴い空き瓶を吹奏のアキビンオオケストラを主宰。
popo/HOSE/対極/omm-pah/音遊びの会、などでの活動がある。
各地の海岸で採取の石を売る。
「軽音楽とジャンボリー」、「月刊」、「別冊」、
「月刊/関西 インプロヴィゼーション」などを企画する。






ふいご popo

2019/11/15(fri.)
at 神戸 BIGAPPLE

ふいご

古池寿浩(trombone)
中尾 勘二(sax,cl)
関島 岳郎(tuba)

popo

前¥2,000- 当¥2,300-
+1drink order
open18:30 start 19:30

http://bigapple.guy.jp/

TEL&FAX 078(251)7049
神戸市中央区山本通 3-14-14 トーアハイツ B-1

今年3度目の対バンでめちゃめちゃ嬉しい、ふいご。
毎回合体もありますが、いつもと違う曲できたらいいなあ、、
個人的には勝手に生まれ育った故郷と思っているBIGAPPLEでの久しぶりの演奏も嬉しい。
BIGAPPLEならではの音の鳴りがあります。未体験の方もぜひぜひ!

The International Nothing  Margareth Kammere 江崎將史  宮崎百々花

191111-in-doubt-we-trust.jpeg

2019/11/11 (mon.)
at 塩屋 旧グッゲンハイム邸


『The International Nothing and Margareth Kammerer japan tour神戸編』

Margareth Kammerer (voice, guitar) from Berlin

The International Nothing
Kai Fagaschinski (clarinet & composition)
Michael Thieke (clarinet & composition)] from Berlin

江崎將史 + 宮崎百々花 duo (from 音遊びの会)

open 19:00 start 19:30 予約・当日ともに 2,000円
神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17 JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分
  
主催:Michael Thieke
共催:塩屋音楽会

| TOP | NEXT

プロフィール

ezaki masafumi

Author:ezaki masafumi
神戸市在住の音楽家。トランペット奏者。
江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ
アキビンオオケストラ/OMM-pah/popo/HOSE/
音遊びの会/com+position/et/
対極/Black&Mountain


2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、東京大崎l-eにて常設販売中。

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード