FC2ブログ

プロフィール

ezakimasafumi.jpg


江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ

音を伴う行為、作曲、 トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。

作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、うごき、かなの解体、などによるものがある。
近年はボールペンソロ、図鑑朗読、炭酸ソロ、テントソロ、などのソロシリーズを行っている。

アキビン吹奏、
アキビンオオケストラ」を主宰。

山本信記とのトランペットデュオ、15秒から1分ほどの曲をつらつらならべる
「OMM-pah」

同じく、山本とオルガンの喜多村朋太とのチェンバーロックスティディーバンド
popo」 がある。

宇波拓ひきいる「HOSE」のメンバー。

知的障害者とその家族、ミュージシャン、らによる
音遊びの会」所属。

2007年春、竹内光輝、木下和重とでそれぞれが毎回作曲,演奏などする、
com+position」を結成。

2009年年末、貝つぶと、主に様々な物品など使用したソロを、
お互いに延々まわし続けるDUO、「対極」を始める 。

2013年、貝つぶとのメロディーインストDUO、
「Black&Mountain」を結成。

白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。

2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、
 「Ezaki &The Family Stone」として、
東京大崎l-e、大阪岸里貝つぶ邸土間お店にて常設販売中。

l-e_magazine31.png

東京のl-eのl-e magazine 3に寄稿しました。
http://www.l-e-osaki.org/

discography http://ezakimasafumi.blog95.fc2.com/

ezakimasafumi[at]gmail.com

泉邦宏ソロ ゲスト 江崎將史

2o18/11/5(mon.)
@西明石 はりまのまど
泉邦宏ソロ

ゲスト
江崎將史
開演 20時
2000円+オーダー
https://www.facebook.com/windows135/
明石市小久保2-4-6-2F
JR西明石駅より徒歩2分

スズメメンバ 佐伯誠之助  ラブラブスパーク 黄倉未来  popo  POP山モアレCity

tumblr_inline_pfp25tOw1E1u7hgxc_500.jpg

2o18/1o/28(sun.)
@下鴨神社 糺の森

  糺の森ワンダーマーケット2018

LIVE
スズメメンバ 佐伯誠之助 
ラブラブスパーク 黄倉未来 
popo  POP山モアレCity
 /他

* 出店多数

9:00〜16:00
入場無料/雨天決行、荒天の場合11月11日に延期

http://sakyo-wonder.com/tadasunomori_wm2018/

siedl/cao (from Vienna)  船川翔司  江崎將史

2o18/10/26(fri.)
@元町 space eauuu

siedl/cao
 (from Vienna)
船川翔司
江崎將史


start 19:3o 自由料金制+1drink order


spaceeauuu * http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/
siedl/cao * https://siedlcao.com/

ウィーンからCAO THANH LANさんととGREGOR SIEDLさんのDUOがやってきます。
即興や作曲の他に、二人によるサウンドアートのユニットや
エレクトロニクスのユニットなど別名義での多岐にわたる活動があり、興味深々です。
この日は彼らと船川さん、江崎によるそれぞれの演奏、パフォーマンスと共演もあります。


parallel-asteroid_image_highres2.jpg


Siedl/Cao is a Vienna-based composer-performer and sound artist group. They work in the field of contemporary electronic and instrumental music, music theatre and sound art. They are Cao Thanh Lan from Vietnam and Gregor Siedl from Austria. Siedl/Cao is one of 5 groups from Austria that are selected for the renowned program New Austrian Sound of Music 2018-2019 in the category Contemporary Music.

Their works have always been centered on the physical experience of sound the inherent link between visual and audio elements.

Hanoi traffic noise, clarinet, Vietnamese hubble bubble smoking pipe, daxophone, air pump, servo motors, precompressed spring, modular synthesizer, crackers, text-to-speech, marxophone, plastic plants, gaffer tape, infusion bags… are their sound sources for diverse works and performances for sites such as opera house, bowling alley, theatre, living room, university auditorium, vinyl shop, gallery, etc.

For their projects and cooperations, they have received grants from – Austrian Federal Chancellery (BKA) for Art and Culture, Austrian Cultural Forums in Tokyo, Brussels, Bangkok, Tehran, Hanoi and Warsaw, Cultural Department of Lower Austria, Austrian Embassies, ON-Neue Musik Cologne, Ministry for Culture in Nordrhein-Westfalen (MFKJKS-NRW), Rhein-Energie Stiftung.

Duo works of Cao Thanh Lan and Gregor Siedl have been featured at international festivals and concert venues around the world, amongst others – Operadagen Rotterdam 2018, Musiktheatertagen Vienna 2018, Festival „Krieg singen“ im Haus der Kulturen der Welt Berlin, FIME – Festival Intern. de Musica Experimental Sao Paulo, Frischzelle Festival für Intermediale Performance Köln, Strom Festival Köln, Opera Hanoi, Festival Ankunft Neue Musik Berlin, Ftarri Tokyo, Nomart Osaka, WIM Zürich, CHELA Buenos Aires, Institut Francais Hanoi, etc. They have been touring in Europe, Japan, Brazil, Iran, China, Taiwan, Argentina, Uruguay, Chile, Finland, Vietnam, Australia and Indonesia.

Duo Siedl/Cao has also given workshops on contemporary composition and improvisation at Monash University Melbourne, BoxHill Institute Melbourne, National University of Hsinchu Taiwan, Sungshin Women’s University Seoul,Mahidol University Bangkok, Äänen Lumo Helsinki, Universidad de La Serena Chile, Universidad de Montevideo Uruguay, Meridian Space Beijing, DOMDOM Center for experimental music Hanoi, etc.


CAO THANH LAN

piano, modular synthesizer, zither, electronics, composition

born 1987 in Hanoi, Vietnam. She works in the fields of contemporary instrumental and electronic music, sound art and music theatre. She was trained as a classical contemporary music pianist (with Pierre-Laurent Aimard) in Cologne and in Brussels Conservatories. She has been experimenting with analogue and modular synthesizer, amplified objects, prepared marxophone/zither, low-tech electronics, etc. She is the scholarship holder of Startstipendium 2018 from Austrian Federal Chancellery. Active as an experimental sound artist composer in Berlin, Vienna and Cologne in many different projects, notably the composer-performer Duo Siedl/Cao – in collaboration with Gregor Siedl, she has been touring and giving workshops for contemporary music and improvisation in Europe, Japan, Brasil, China, Taiwan, Argentina, Uruguay, Chile, Finland, Australia and Vietnam. Her works have been released on labels Impakt, Flaming Pines, Acefalo Records and Syrphe. Also active as a guest pianist of Kammerensemble Neue Musik Berlin (KNM Ensemble), she has performed at Ultraschall Festival, Musica Electronica Nova Wroclaw, Galeriewanderung Berlin, etc. She has also earned a wide range of ensemble experience in festivals namely Klangspuren with Ensemble Modern Frankfurt, Darmstadt Festival for new music, Festival Ircam Paris@Manifest, Impuls Festival, International Kamermuziek Festival Schiermonnikoog, etc.



GREGOR SIEDL

saxophones, clarinet, tubes, gamecalls, electronics, composition

was born in Vienna, Austria. He is deeply engaged in the field of experimental and improvised music. Through his explorations of extended techniques, preparations on the saxophone, clarinet and the use of extra-musical instruments such as game-calls and water, he has developed a unique voice in music.

Gregor won first prizes as best improviser at international music competitions XL-Jazz and Gent Jazz festival competition. He has been involved in experimental music, jazz, multi-disciplinary projects with performers, visual artists and artificial intelligence. He is a band-member of Junk Orbit, Parallel Asteroid, DOKO, Auralisation Ensemble, Osmosis Project and critically acclaimed European-Saxophone-Ensemble. He has performed all over Europe, Asia and South-America at international music festivals and concert venues, such as: Festival Ankunft Neue Musik Berlin, Festival Internacional de Musica Experimental Sao Paulo, Shanghai Jazzfestival, Jazz D`Or Strassbourg, HdKW Berlin, Belgrade Jazz Festival, Vilnius Jazz Festival, Gent Jazzfestival, Toots Thielemans Jazz Award Brussels, Follow the sound Festival Antwerpen, Storm!-Festival, LeXGiornate Milan, Gaume Jazz, Porgy&Bess Vienna, Ftarri Tokyo, LE Osaki Tokyo, Koko Club Helsinki, Hot Club Lisboa, Estonian Academy of music, Improvised Music Co. Dublin.


funakawa.jpg


船川翔司(ふなかわ しょうじ)
1987年生まれ 
鹿児島県生まれ大阪在住。
身を置く環境の中から辺境となるシュチュエーションを見い出した、
パフォーマンスや展示を中心に活動している。
他に
yakata(さや+船川翔司)
アキビンオオケストラ
など。


大友良英 と 音遊びの会

201810211.jpg


2o18/1o/21(sun.)
@神戸アートビレッジセンターKAVC ホール


大友良英 と 音遊びの会


open 14:oo / start 14:3o
予約¥2ooo|当日¥25oo 学生、かぶっクラブ会員¥15oo
介助者、小学生以下無料

神戸アートビレッジセンター 
神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
神戸高速「新開地駅」8番出口より南へ徒歩約5分
JR「神戸駅」ビエラ神戸口より西へ徒歩約1o分
神戸市営地下鉄「湊川公園駅」東改札口より南へ徒歩約15分

KAVC Music Line “STATION” vol.5
[お申し込み|神戸アートビレッジセンター]
WEB: https://www.kavc.or.jp
TEL: o78-512-55oo
MAIL: stage@kavc.or.jp
メールでのご予約は、件名を「音遊びの会チケット予約」として、以下の情報をお知らせください。
【お名前/フリガナ/電話番号/券種/枚数】

[お問い合わせ|音遊びの会] TEL: o8o-534o-7o6o MAIL: otoasobinokai@gmail.com

全感覚祭2018


2o18/1o/2o(sat.)
@堺  ROUTE26 / PINEAPPLE EXPRESS / ROUTE26
野外特設会場

十三月 presents“全感覚祭2018


<出演者>
ODD RED
GHPD(OMSB、Hi'Spec、USOWA、YELLOWUHURU) /
鎮座DOPENESS /Campanella / 行松陽介 / Ramza /
the hatch / Have a Nice Day! / imai /
THE ACT WE ACT / KK manga / BODY ODD


WHITE RIOT
K-BOMB / 呂布カルマ / DJ THINK a.k.a YPY /
空間現代 / 七円体 / THE GUAYS / NOT WONK /
BACK ROOM / Vampillia / FAAFAAZ / nutsman


BLUE HEAVEN
テニスコーツ / POPO / カネコアヤノ(バンドセット) /
巨人ゆえにデカイ / ペンと書物 / 台風クラブ / CAR10 /
Yan Conk/New Smith(岡村基紀、大橋満之、船川翔司) /
ねじ梅タッシと思い出ナンセンス / 児玉真吏奈


PINE TRUTH
lee(asano+ryuhei) / Le Makeup / Hi’Spec /
角矢胡桃 / スギム


SHOP&FOOD
FLAKE RECORDS / シンボパン / にっぽん食堂 /
KiliKiliVilla救いも煮 / R食堂 / 水色レコード / カレーミーティング /
VOYAGE KIDS / アッパーカリー

EXHIBITION ARTIST
時吉あきな / 木村和平 / VOYAGE KIDS / onegaigoto / 池野詩織 /
LVDB BOOKSとsilentnumeral / ohiana / NAZE /
ナイスショップスー / もっと!!いい状態! from 自治区! /
倉科直弘 / UMMMI. / 吉本真大 / lee(asano+ryuhei) / UC EAST / オートモアイ /
pure voyage / 伊波英里 / Aki ymmt / チーム未完成

OPEN 11:oo / END 2o:oo(予定)
投げ銭制

SOMA & LIL   江崎將史 & 森本アリ   もだえ

181019-somalil2.jpeg


2o18/1o/19(fri.)
@神戸塩屋 旧グッゲンハイム邸

SOMA & LIL
– cello (from Danmark)
江崎將史 & 森本アリ – trumpet
もだえ (松田徹 & 森本アリ) – guitar

open 19:00 start 19:30
予約 2,000円 当日 2,500円
主催:jvtlandt
共催:塩屋音楽会
http://www.nedogu.com/

Soma & Lilは作曲からインプロヴィゼーションまで演奏するデンマークのチェロ/ヴォーカルデュオ。
熟練のクラシックチェリスト・作曲家のSoma Allpassと、シンガー・作曲家のLil Lacyから成る。
彼らは楽器やヴォーカルのアコースティックサウンドといくつもの電子エフェクトを組み合わせることにより、
空間に反響するしなやかで有機的な音楽を生み出す。
メロディー、テンション、コントラストそしてミニマルサウンドスケープを用いたその音楽は、
それぞれの場所や時空間に反応し、より繊細な感覚と新たな視点をもたらす。

Soma & Lilは、作曲家のLacyとSigne Lykke、
そしてヴィジュアルアーティストのUlrik HeltoftとAnn Sophie von Bülowから成る
音声映像プロジェクトPneumaticksのメンバーでもある。
2人は日本文化にも興味を示しており、岡部春彦を中心とした雅楽とのコラボレーションも展開する。

Frantz Loriot(from Swiss) 江崎將史 中田粥 mizutama

Do5KqPHUUAA1kHt.jpg

2o18/1o/14(sun.)
@千鳥橋・梅香 FIGYA

Frantz Loriot
(from Swiss)
江崎將史
中田粥
mizutama


open 19:3o 1ooo円
https://www.facebook.com/baikaFIGYA/

FIGIA/大阪市此花区梅香1-18-19
Frantz Loriot
https://www.frantzloriot.com/
http://www.neithernorrecords.com/neithernorrecords/Reflections_on_an_Introspective_Path.html


Frantz Loriot
French-Japanese violist Frantz Loriot performs solo and is active in a number of international ensembles,
crossroads of different musical genres: improvised music, experimental, rock, contemporary music and electronics.
He has contributed to multidisciplinary projects related to dance, image, theatre and poetry.
After having lived in Paris and New York City, Frantz relocated in Zürich (Switzerland).


nakadakayu.jpg


中田 粥
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。

mizutama.jpg


mizutama
日常の影響を取り込んではアウトプットする。何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。


Sandra Weiss 有本羅人 江崎將史


20180914103708.jpg

42987705_438943943556850_6504678968510119936_n.jpg

2o18/1o/13(sat.)@北堀江 FUTURO

Sandra Weiss
(from Swiss )
有本羅人
江崎將史


開場19.oo 開演19.3o
自由料金制+1drinkオーダー
https://futurolive.exblog.jp/
大阪市西区北堀江1-15-18
France bldg. 1f
tel&fax:o6-6532-583o
mail:jakocro@yahoo.co.jp
mail:kazuo.kuroo@facebook.com

スイスよりサックスやバスーンを使用した実験音楽や即興演奏をしているサンドラ ヴァイスが来阪します。
この日は芳垣安洋のMoGoToYoYoでの活動や、先月、アクセル ドナー、ピーター エヴァンス、沖至と
立て続けにトランペットレジェンドとの共演を果たすなど、注目される有本羅人と江崎によるじっくりと、
ソロやセッションです。(江)



Sandra Weiss
born in South Africa, studied saxophone at Berklee College of Music in Boston
with Andy McGhee and at Zürcher Hochschule der Künste in Zürich
with Christoph Grab and Nathanael Su. She studied bassoon at Musikhochschule Lucerne
with Stefan Buri.
During the last years she played in various musical projects playing folk music,
classical music, jazz, experimental and improvised music.
For the year 2014, she got the 6 month ‘Auslandatelier Stipendium New York’
(residency in New York City) from the culture departement of Zürich.

https://www.sandraweiss.com/
https://soundcloud.com/sandra-weiss



有本羅人
1987年2月7日卯年生まれ。 トランペット・バスクラリネット吹き。
少年期にローランド・カーク、チャールズ・ミンガス、様々な黒人音楽に開眼し、Jazzmusicの道を志す。
ボストンはバークリー音楽大学に奨学金を獲得し留学するも更なる土着の文化を求め帰国。
三上寛やデカルコ・マリィといった面々と共演し新たな世界を知る。
現在は即興音楽、Jazz、総合芸術等と、ジャンルを超えて活動する。
所属バンドはメロンオールスターズ、Bright Moments、藤井郷子神戸オーケストラ等、
数バンドに在籍中。現在、自作のバンドは「兎に角」「ひごとゆらぐ」など。

サガイン OMM-pah 大橋満之 森山ふとし

yamauchi katura
yamazaki akinori

2o18/9/23(sun.)
「 サガイン 関西ツアー in 神戸」

サガイン(山内桂/山崎昭典)
OMM-pah(江崎將史/山本信記)
大橋満之
森山ふとし

o 18:oo s 18:3o
¥15oo+1drink オーダー

もう長い付き合いになる大分の山内さんのバンドがやってきます。
ギターの山崎さんは、宇都宮泰さんの録音のCDで聴いていて、ずっと気になってました。
呼吸の山内さんとの二人の音がどう重なるのか楽しみなバンドです。

対バンは江崎と山本による、OMM-pah。
2oo3年の秋ごろだったか、二人で何かしようと、神戸大のスタジオを借りて入ったところ、
山本さんがこれを発展させてはどうでしょう?と沢山の曲のパーツを作曲、
僕はパーツそのままでよいようながして、このままでいいんじゃないでしょうか?
で、そうですね、と、結果15秒から3o秒ぐらいのメロディをつらつら並べるバンドとなりました。
オーでは二度目の出演、新パーツ持っていけたらなあと思ってます。

そして、この間オーで聴いたソロCDRもまたまたよかった、
京都の尊敬するキーボーディスト、ミッチー改め大橋満之さん、
最近はダキソフォンを演奏しているという森山ふとしさんの、
割とヤマだらけで意外とpopな日曜ですョ。

サガイン(2016~)
山内 桂(曲、サックス)
山崎昭典(ギター)

山内のオリジナル曲をシンプルに演奏する、古くて新しいサウンド。
音の内側を大切に、時間や空間のパルスを往き来して遊ぶ。
2018年5月山崎加入の際いきなり台湾デュオツアー挙行、各地で評価される。
基本編成はサックス、ギター、ベースの大分と京都の変則編成バンド。

山内 桂/サックス
音そのものの響きと細胞レベルのコミュニケーションによる、
唯一無比で独自の音楽「SALMO SAX」。その音は瑞々しく、そして煌めいている。
サックスソロを中心とした活動は国内外におよぶ。
2008年、サルモサックス・アンサンブル。2016年、バンド「サガイン」。
サルモワールドの展開にともない「水の抒情詩3部作」映画制作。
http://www.salmosax.com/

山崎昭典/ギター
京丹後在住。大阪芸大卒。独自の世界を持つギタリスト。
演劇の音楽制作をはじめ、即興演奏やクラシック音楽、ダンスにも精通。
1作目CDアルバム『RED FIELD』はWIRE誌サポートのもとリリースされた。
現在自作CD制作中。
https://zakky51.exblog.jp






| TOP | NEXT

プロフィール

ezaki masafumi

Author:ezaki masafumi
神戸市在住の音楽家。トランペット奏者。
江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ
アキビンオオケストラ/OMM-pah/popo/HOSE/
音遊びの会/com+position/et/
対極/Black&Mountain


2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、東京大崎l-eにて常設販売中。

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード