プロフィール

ezakimasafumi.jpg


江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ

音を伴う行為、作曲、 トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。

作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、うごき、かなの解体、などによるものがある。
近年はボールペンソロ、図鑑朗読、炭酸ソロ、テントソロ、などのソロシリーズを行っている。

アキビン吹奏、
アキビンオオケストラ」を主宰。

山本信記とのトランペットデュオ、15秒から1分ほどの曲をつらつらならべる
「OMM-pah」

同じく、山本とオルガンの喜多村朋太とのチェンバーロックスティディーバンド
popo」 がある。

宇波拓ひきいる「HOSE」のメンバー。

知的障害者とその家族、ミュージシャン、らによる
音遊びの会」所属。

2007年春、竹内光輝、木下和重とでそれぞれが毎回作曲,演奏などする、
com+position」を結成。

2009年年末、貝つぶと、主に様々な物品など使用したソロを、
お互いに延々まわし続けるDUO、「対極」を始める 。

2013年、貝つぶとのメロディーインストDUO、
「Black&Mountain」を結成。

白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。

2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、
 「Ezaki &The Family Stone」として、
東京大崎l-e、大阪岸里貝つぶ邸土間お店にて常設販売中。

l-e_magazine31.png

東京のl-eのl-e magazine 3に寄稿しました。
http://www.l-e-osaki.org/

discography http://ezakimasafumi.blog95.fc2.com/

ezakimasafumi[at]gmail.com

関島岳郎 guest 山本信記・江崎將史

2o18/4/29(sun.)
@南森町 音凪


「春の関島岳郎フェア2018・第二夜」


関島岳郎
guest
山本信記・江崎將史

チャージ¥25oo+1d
開場 18:oo 開演 19:oo

初の音凪で、関島さんと。
関島さんのソロと我々とのセッションです!

The trio DDK (Jacques Demierre Axel Dörner Jonas Kocher ) with 田中誠司  mizutama × 中田粥 × 江崎將史

Jacques-Demierre_Axel-Dörner_Jonas-Kocher-2


2o18/4/13(fri.)
@神戸塩屋 旧グッゲンハイム邸


*The trio DDK Japan Tour 神戸編 * 

The trio DDK
Jacques Demierre piano
Axel Dörner trumpet
Jonas Kocher accordion
with
田中誠司 舞踏


mizutama × 中田粥 × 江崎將史


open 19:oo start 2o:oo
adv. 15ooyen|door 2oooyen


http://www.nedogu.com/blog/archives/20612


ジャック・デュミエール
ピアニスト、作曲家 / 即興演奏家。伝統的な作曲法を学ぶとともに自由な即興演奏を試みる冒険心や、
普段「音楽」として扱われない「詩」や「日常に潜む音 / ノイズ」
なども積極的に音楽の一要素として自らの表現に取り入れてきた。
これまでにアンサンブルや声のための数多くの作品を生み出し、
ピアノ表現の可能性も同時に追求し続けている。
また自らとは非常に異なる背景を持つアーティストとともに仕事をする機会を多数設け、
音楽のさらなる可能性を広げる試みを続けている。
音源はTzadik, héros-limite, Psi, Victo, jazzwerkstatt, Leo, Plainisphare,
Creative Sources, INSUB., Intakt, Bocian Records, bardem, Unit Record, stv/amsからリリースされており、
楽譜はSME / EMSから入手可能。

アクセル・ドゥナー
トランペット、エレクトロニクス、作曲家。1964年ケルン生まれ。
ケルンのMusikhochschuleでピアノとトランペット(Malte Burba付き)を学ぶ。
1994年よりベルリンに在住。「即興音楽」「コンポジション・コンテンポラリー・ミュージック」
「ジャズ」「エレクトロニック・ミュージック」の分野で国際的に尊敬されている数多くの人物とともに活動している。
独特で、しばしば自己発明されたテクニックに部分的に基づいて、独特のスタイルのトランペット演奏を開発した。
ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジア、アフリカでツアーを行い、多数のCDやレコードをリリースしている。

ジョナス・コッフェル
作曲家、アコーディオン奏者。その活動、作品は、「トーン」、「ノイズ」、「サイレンス」そして「聴取のプロセス」
の関係性の探索にある。アコーデオン奏者としては主に即興やコンセプチュアルな活動がある。
また、ミシェル・ドネダとの緊密なコラボレーションは、2008年以降発展し続けており、現在も彼の仕事の中心を為している。
作曲家としては、演劇、インスタレーション、そしてコンサートの間に位置するような作曲のプロジェクトを行っている。
彼の音源は Another Timbre, Potlatch, Bocian Records, Creative Sources, Flexion records,
Insubordinations, L'Innomableなどのレーベルからリリースされといる。
また、自身のレーベル、Flexionを運営、実験音楽イベントの主催者としても活躍している。

田中誠司 舞踏家
1977年奈良市生まれ。大野一雄舞踏研究所にて、大野慶人に師事。
2011年2月、郷里の奈良に田中誠司舞踏スタジオを開設。
同年5月、日独交流150周年記念の一環として招待を受け、「デュッセルドルフ舞踏フェスティバル」に出演し、好評を得る。
以来、国内及びヨーロッパ各地の劇場、イベントなどで精力的に公演を続ける。
2017年2月「札幌国際舞踏フェスティバル」に出演。
同年6月、ヨーロッパ3カ国(ベルギー、ドイツ、スイス)にて、舞踏公演&ワークショップツアーを行う。


mizutama
日常の影響を取り込んではアウトプットする。何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。


中田 粥
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。


popo

2o18/4/6(fri.)
@本町 chef d'oeuvre
popo
 

s19:oo 
18oo円+1drink

下記、popoオルガン担当喜多村さんの
シェ・ドゥーブルでの恒例春の器展。
のオープニングでワンマンですョ!

「L'exposition "La 12eme" par tomota kitamura」
喜多村朋太 器展 4/6(金)-5/10(金)(日祝休)
https://www.facebook.com/chefdoeuvres/


popo  エマーソン北村 ゆうき モノノネラジオ

haruhonban_ura.jpg


2o18/3/25(sun.)
@彦根 HORA AUDIO

popo
エマーソン北村
ゆうき
モノノネラジオ


出店:
半月舎(古本)/初恋レコード(和物レコード)
さざなみ酒店(地酒・おつまみ)/The first(スイーツ)
まんが食堂(めはり寿司弁当)

11:3o~19:3o
予約28oo円/当日33oo円 
*小学生以下無料/中高生15oo円

http://www.hora-audio.jp/about.html

三浦カヨ  対極 紫明亭禿 ●子は今

miurakayo.jpg

2o18/3/21(wed.祝)
@京都千本中立売 喫茶ゆすらご


「三浦カヨ「komaki」発売記念御披露目会」

三浦カヨ
対極
 (江崎將史×貝つぶ)
紫明亭禿 (落語)
●子は今

15oo円 (共に+1ドリンク)
16:oo開場 / 17:oo開演

※ 握手・サイン会あります。

三浦カヨさんのレコ初で相当久しぶりの対極です。

江崎將史 貝つぶ クロエ 行楽猿 ショーキー せいぞちゃん 武村篤彦 チェブ・J・ノーマン 西浦徹 みやけをしんいち 宮本善太郎 メシアと人人

2o18/3/17(sat.)@本町 H O P K E N
合奏の会 &sabbath presents
" メロウネス・ジャンパーズ MELLOWNESS JUMPERS "

act:
江崎將史
貝つぶ
クロエ
行楽猿
(KOURAKUEN)
ショーキー
せいぞちゃん
武村篤彦
チェブ・J・ノーマン
西浦徹
みやけをしんいち
宮本善太郎
メシアと人人


18:00 open / 18:30 start
カンパ制 (+1d order)
https://hopken.com/

宮本さんが、関西から離れてしまうっ!ということで、
急遽、みやけをさんが、宮本さんと共同で上記の企画を組んでくれました。
に呼んで頂きました。
江崎は密かに願っていた、宮本さんとのDUOですョ!

「月刊 12 ラスト」

2o18/3/4(sun.)@元町 space eauuu 

「月刊 12 ラスト」

船川翔司 古池寿浩
岡村基紀 Takamitsu Ohta 
mizutama カメイナホコ 中田粥 
米子匡司 有本羅人 光永惟行  
山本信記 musika-nt 江崎將史


 open 13:3o start 14:oo(~2o:oo頃まで。)自由料金制+1drink


 メンバーが毎回1人づつ増えていくシリーズ「月刊」、
 全12回、のいよい最終回。最後は、船川翔司さんと名古屋から古池寿浩さんとお2人を招いて
 ソロパフォーマンスや様々な組み合わせでの即興のセッションです!!
 諸々ご自由に!!!
 


spaceeuuu : 
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/
神戸市中央区元町通2丁目6-10ミナト元町ビル3F 078-381-9767
spaceeauuu@gmail.com
JR・阪神元町駅より徒歩2分!


funakawa.jpg

船川翔司(ふなかわ しょうじ)
1987年生まれ 鹿児島県生まれ大阪在住。
『辺境』となる状況を展開することを目的として、パフォーマンスや展示などを行う。
2017年から無人島に通うユニットYAKATA開始。




koike.jpeg

古池寿浩 KOIKE toshihiro
トロンボーン担当。
即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、
ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。
自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。
その他に中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、などのバンドで演奏したりしています。
現在名古屋在住。
www7b.biglobe.ne.jp/~fuigokoike/


IMG_2540.jpg

岡村基紀
odd eyesとYan Conkにギターで参加。兵庫県で生まれて京都市在住。エレキギターとアコースティックギターを演奏。


takamitsu ohta

Takamitsu Ohta
場所・土地・環境から発生する固有の自然現象に注目したインスタレーションを制作。
最近の展示に「Takamitsu Ohta with Senufo Edition」(space_inframince, 2017)、「土祭」(益子町, 2015)など。
2012年より音にまつわる作品を制作。訪れた場所で拾い集めた素材で音を鳴らし、
その場所で体感した環境音を再構成することを試みている。



mizutama.jpg

mizutama
日常の影響を取り込んではアウトプットする。何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、
ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。
そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。



kamei.jpg

カメイナホコ
2002年頃から即興中心の活動を始める。参加バンドはウリチパン郡、三田村管打団?、
トンチトリオ、moon face boys、グラタンカーニバル、カメアリエレクトリック、タートル山、など。
ピアノ・シンセサイザー・クラリネット・ソプラノサックスなどを使って自由に演奏しています。





nakadakayu.jpg

中田 粥
1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、
シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を
「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。





yonagotadashi.jpg

米子匡司
音楽家。トロンボーン/ピアノ奏者。プログラマ。
楽器やほかの道具を使って音楽を演奏したり、音を含む環境の制作や展示をしたり、
音を扱う道具の制作(たとえば友人の家に玄関チャイムを作ったり)をしています。
直接音楽を扱うこと以外には、CDや本やその他いろいろな物品を街中で販売するための自動販売機の製作と設置。
人が見聞きした事とそれについて考えた事を書くための紙とウェブの雑誌[余所見]の発刊や、
自分や友人や出会った人たちが過ごすためのスペースの運営をしています。
グループワークとしては、SjQ(cubicmusic/HEADZ)、およびSjQ++メンバーとして活動。
近作は、電球をオシレーターに使った音楽作品《Lal》や、
町の地図を元にフィールドレコーディングと演奏を組み合わせた《地図》シリーズ。





image-1.jpeg

有本羅人
1987年2月7日卯年生まれ。 トランペット・バスクラリネット吹き。
少年期にローランド・カーク、チャールズ・ミンガス、様々な黒人音楽に開眼し、Jazzmusicの道を志す。
ボストンはバークリー音楽大学に奨学金を獲得し留学するも更なる土着の文化を求め帰国。
三上寛やデカルコ・マリィといった面々と共演し新たな世界を知る。
現在は即興音楽、Jazz、総合芸術等と、ジャンルを超えて活動する。
所属バンドはメロンオールスターズ、Bright Moments、藤井郷子神戸オーケストラ等、
数バンドに在籍中。現在、自作のバンドは「兎に角」「ひごとゆらぐ」など。




IMG_39122.jpeg

光永惟行
グラタンカーニバルとしてソロやバンドでポップスを演奏している。
その他にアキビンオオケストラへの参加や、月刊かえるへの寄稿などで活動中。





IC82jkFh.jpg

山本信記
trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加
(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。
現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、
武村篤彦(泊)との御行楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。





musikant.jpg

musika-nt
space eauuu店主。簡単な電子楽器、キーボードやリズムマシーンで何でもする。
“こだわらない”スタイルに異様に“こだわる”。最近のお気に入りはポータサウンドドローンや、
機械仕掛けポリリズム、など。貝つぶ氏とのユニット“minor house”としても活動中。




20120601100421.jpg

江崎將史
音を伴う行為、作曲、 トランペット。
ソロの他にpopo/HOSE/Black&Mountain/
アキビンオオケストラ/対極/ omm-pah/などの活動。
白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。 「月刊」編集長。
各地の海岸で採取の石を売る。


popo 「3rd アルバム『azemichi』リリースパーティー神戸編」

popo-2.jpg

2o18/2/23(fri.)
@神戸塩屋784 junction cafe

「3rd アルバム『azemichi』リリースパーティー神戸編」

popo

open 19:oo start 2o:oo
予約 2ooo円 当日 25oo円 ( +1drink 5oo円)
http://www.nedogu.com/blog/archives/20224

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : o78-22o-3924 FAX: o78-2o2-9o33
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
784 JUNCTION CAFE (JR/ 山陽塩屋駅徒歩15分)
神戸市垂水区塩屋町9-14-7


主催:SSK軒
共催:塩屋音楽会

大阪、東京に引き続きの3rdアルバム発売記念パーティーを、
塩屋旧グッゲンハイム邸の皆さんに企画して頂きました。
ホントにありがたい!神戸では久しぶりのワンマンを初となる784 JUNCTION CAFE で。
皆様お待ちしております

Will Guthrie 宇波拓 江崎將史

will.jpg

unami_photo.jpg



2o18/2/16(fri.)
@元町space eauuu

「Will Guthrie japan tour 神戸編」

Will Guthrie
宇波拓
江崎將史


start:2o:oo 自由料金制+1drink
http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/

ウィルガスリーさんと宇波拓さんが神戸にやってきます。
フランスのナントかやってくるウィルさんとお会いするのはと調べるとなんと2oo3年の
7th festival BEYOND INNOCENCE 以来!どんな風に変わっているのか楽しみです!
宇波拓さんの神戸もかなり久しぶりです。
貴重な機会をお見逃しなく~

ウィル・ガスリー
オーストラリア出身、フランス・ナント在住のドラム/パーカッション奏者。
ドラム、パーカッション、ジャンク、エレクトロニクスを組み合わせた、ライブでのインプロビゼーションから、
スタジオでの作曲作品まで、多彩な活動を展開。ジャン=リュック・ギオネ、クレイトン・トーマスとのフリージャズトリオ
"THE AMES ROOM"、観客一人のために演奏するプロジェクト"Solo for 1 person"のほか、
マーク・フェル、ロスコー・ミッチェル、キース・ロウ、オレン・アンバーチ、ホン・チュルキといった
様々なアーティストとコラボレーションしている。
http://www.will-guthrie.com
https://www.youtube.com/watch?v=xTEEuWlDOyU
https://www.youtube.com/watch?v=E4Fa-lI_oJ0

宇波拓
1976年生まれ。東京出身。90年代後半より主に実験音楽の分野で演奏活動を開始。
ディプレッシヴ・イージーリスニング・グループHOSEのリーダー、ギタリストとして活動。
かえる目、ホンタテドリ、中尾勘二トリオ、THEY LIVE、Skylark quartetなどのグループに参加。
映画音楽作品に『ロスト★マイウェイ』(04/古澤健監督)、『一万年、後....。』(07/沖島勲監督)、
『海のふた』(14/豊島圭介監督)、『お盆の弟』(15/大崎章監督)、
『海辺の生と死』『月子』(17/越川道夫監督)ほか。演出家・松井周率いる劇団「サンプル」の舞台音楽を担当。
山下澄人+飴屋法水『を待ちながら』に音楽家として参加。
近年の音楽作品に、生物学者Jarrod Fowlerとの≪Species pluralis≫(16/No Schools Recordings)、
Graham Lambkinとの≪The Whistler≫(17/erstwhile records)、
電子音楽作品≪cloud of unknowning≫(17/tenseless music)など。
また、サウンドエンジニアとして数々の録音作品に携わる。


江崎將史
音を伴う行為、作曲、 トランペット。
ソロの他にpopo/HOSE/Black&Mountain/対極/ omm-pah/などの活動。
アキビンオオケストラ主宰。
白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。
毎月メンバーが1人づつ増えていく即興のセッションシリーズ「月刊」編集長。
各地の海岸で採取の石を売る。


| TOP | NEXT

プロフィール

ezaki masafumi

Author:ezaki masafumi
神戸市在住の音楽家。トランペット奏者。
江崎將史/ezaki masafumi/
江崎将史/e-pyon-sun/エレキサン/エザキマサフミ
アキビンオオケストラ/OMM-pah/popo/HOSE/
音遊びの会/com+position/et/
対極/Black&Mountain


2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、東京大崎l-eにて常設販売中。

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード